*

【今すぐ使うべき】せどり・転売出品管理ツール プライスターの使い方や機能を徹底解説

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s

Amazonを利用して、転売・せどりで稼いでいる人にけっこう好んで使われるプライスター。

簡単出品、価格改定、売上管理をサポートしてくれて、海外amazonと価格比較、アマゾンの出品がないプレミアム商品をリスト化、リピート販売など、仕入れにもけっこう使える。ユーザーの売上ランキングなんかもあったりして飽きさせない。

プライスターは「単純な操作」と「膨大なデータ量」でAmazon販売を強力にサポートしてくれるツール。

自分の手だけでアマゾンに商品を出品するのにとても時間がかかり、出品するのがおっくうになったりしますが、プライスターを利用すると、時間も労力も大幅に軽減されて、出品するのが楽しくなりました。

しかも、申し込みから30日間は無料でお試し利用することができるというありがたいツールです。

PRICE CHECKを運営しているカプセルZのツール。PRICE CHECKを使い慣れている人は、サイトにも広告が大きく載っているのでよく目にするし、連携させてもっと便利に使うことができるようになります

Amazonからもオススメされているこの「プライスター」について使い方や機能など、レビューしていきます。

>> プライスター公式サイトで今すぐ見てみる

 

出品作業がとにかく簡単に

ジャンルとか、商品の状態ごとに設定したコメントを表示させたり、大量の商品を1回で一括出品ができたり、仕入れの金額をレシートごとでまとめて入れられたり。

プライスターは、ただの出品効率化ツールというわけじゃなく、毎日出品をするような人でも使える様に、簡単に手間が少なく出品ができるように工夫されています。

一度使ったら、もう普通の出品画面には戻りたくなくなるほど。

今まで「出品するのがメンドクサイ・・・」と思っていたのが、「アレもコレも出品してやろう!」という意欲が出てきます。

 

出品商品の価格を自動最適化

2e8c53fd538043284e6b92e4f1c800ff_s

商品出品が終われば、出品した商品を最適な販売価格に調節する作業。

例えば、早く売りたい商品は最安値の商品に合わせてみたり、高く売りたい商品は同じ状態の商品に価格を合わせたり。

プライスターの出品商品価格の最適化、自動変更は、1クリックでスタートします。24時間365日、止まらずに働き続けてくれるというすごいやつ。人件費も安くつく、なんて素晴らしいアルバイトなんだ。

現在、1人あたり約1時間に約2000件のスピードで価格のチェックと変更ができるそう。

例えば、500件の商品に対して価格の自動変更を設定していると、1商品あたり約15分に1回程度の頻度で順番に価格の自動変更をしてくれるということ。

基本的には、「5つのパターンの中からクリックして選ぶ」というだけでも価格の自動改定がスタートしてくれるから、この価格最適化調整の作業も、手間がかかりません。

 

価格改定条件はカスタムも可能

価格改定には、自分の好みに合わせて価格の動きを微調整できる「カスタムモード」も設定できます。

ちょっと高くても、安心して売れるというような状況の場合は「ライバル出品者の価格に○○円上乗せした価格」とか「カート価格に○○%を上乗せした価格」に変更したり、1日ごとの価格の変更の金額を制限できる「ブレーキ機能」を設定したりもできます。

詳細な価格変更といっても、実は使い方はとても簡単。クリックをして進んでいくとカスタム設定が完了

プライスターに少し慣れてきたらぜひ活用しましょう。

 

売上、手数料、粗利益も自動計算

topic0006backgazou

商品が売れた売上、それにかかった手数料、仕入れにかかった金額などはちゃんと管理したいもの。

売上や利益の動きがどのようなものなのか、毎日チェックして把握することで、仕入れや売上などの計画が立てやすくなります。稼いでいる人はちゃんと管理しているものです

プライスターなら、仕入れ価格の管理から商品ごとのAmazon手数料の計算、月ごとの売上や仕入れの集計など、自動的に計算してくれます。

利益計算や在庫管理のように直接売上につながらない作業は、プライスターに任せてしまいましょう。

 

商品仕入れにも活用できる

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s

プライスターは、基本的には「Amazon出品・管理ツール」ですが、ちゃんと活用できれば、稼いでくれる商品を仕入れるために商品サーチに有効利用することもできるようになっています。

いろいろな活用法がありますが、いくつか見てみます。

 

Amazon出品が無いプレミアム商品リスト

Amazonで定価以上で商品を売るための条件は、なんといっても「Amazonが出品していない」こと。

本家Amazonが「定価」で「新品」で出品している商品は、誰がそれ以上の値段で買いますか?まず誰も買ってくれません。

プライスターでは、高値で売れる商品を見つけやすくなる、Amazonが出品していない商品をまとめてリスト化できる機能がついています。

しかも、毎日データは更新されているので、利益を上げてくれるプレミアム商品リサーチが捗ります。

 

売れたものは、何回もリピートして売る

安定してせどり・転売での売上を伸ばしているパワーセラーは、一度売れた同じ商品を何度も売ることで利益を増やしていたりします

このノウハウを、プライスターでは簡単に応用できます。

ネット仕入れで商品が探せるように、商品一覧にPRICECHECKボタンや、ヤフオクボタンがついているから、1クリックで検索できるようになっています。

仕入れて売れた商品って、今までは1度売ったらそのままになってしまっていた、稼いでくれる商品達の中から、自分の定番商品を作ってみるのもひとつの手段。得意なジャンルも見えてきますし。

 

価格やランキングの動きを1年分チェック

同じ商品を何度も売るという方法で、売上を安定させるというのは、先に紹介しましたが、プライスターを使えば、気になる商品の価格やランキングの動きを最大過去1年分まで見ることができるんです。

長く売れる商品を探す場合にとても便利なんです。

 

世界のAmazonとの価格比較

「この商品って、どこの国で買うのが一番安いんだ?」
「日本で高く売れる物は、日本で買うと高い・・・」

そんなことよく考えますよね。

今はもう、せどりや転売で稼いでいる人はみんな、世界Amazonも仕入れや販売先として利用しています。

プライスターならグラフを見るついでに世界のAmazonで同じ商品の価格を調べることが出来てしまいます

一番安い国で買って、その分利益もアップさせてしまう。という当たり前のことですが、なかなか手が出せない部分も身近に感じられます。

 

ユーザーの売上ランキングでモチベーションUP

プライスターでは、ユーザーの月間売上ランキングが発表されていて、みんなで競争しながら売上アップが目指せます。

「すぐ上の順位の人まで、あと〇〇円」とか、「TOP100位まであと何人」とか、モチベーションアップも実は大事なポイントですからね。

法人としてやっているとまた違うと思いますが、個人でせどりやってると「やる気がでねぇ・・・。」って日があるのは、誰でも経験することだと思います。

1人でやってるとついつい手を抜いてしまうという時でも、身近に競争しているライバルの存在を意識しておくことで、頑張れたりもします。

 

在庫買取サービス・税務サポートまで

プライスターのユーザー向けに、在庫を早く現金化してしまいたい人やAmazonでの販売を休止したいというユーザーの在庫を現金で買取してくれる「在庫買取サービス」

法人設立や納税対策、海外Amazon販売者の消費税還付など、「財務サポート」なんかも用意されています。

おそらく、こういったサービスも今後充実させていってくれるものと思われます。

 

MacもスマホもタブレットもOK インストール不要

topic0110backgazou

プライスターは、WEB上でログインして使うタイプのツールです。

インターネットがつながっている場所なら、どこでも使えてしまいます。

さらに、パソコンや端末にソフトやアプリをインストールするという必要がないので、iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどのタブレットでも利用している人も多くいます。

当然ですが、MacでもOK。この手のせどりソフトでは、なかなか珍しいです。

※WEBブラウザは、「GoogleChrome」使用の必要があります。

 

さらに初期設定も簡単で、3分ほどで終わっちゃいます

こういうツールってパソコンにインストールしたり、いろいろ設定をするのが面倒だったりして使いはじめる前に疲れてしまいがち。なかなかユーザー目線にたって作られているなと感じます。

導入する障壁は、かなり低くなっているといえます。

しかも・・・

 

30日間無料お試し利用可能

6cf3f15b6174f0e3c58b68ecd5677c9b_s

プライスターは月額料金制

・日本版:5,800円
・US版:7,800円
・CA版:5,800円
・UK版:5,800円

が毎月かかってきます。

「毎月かかって来るのかー、高いなぁ・・・。」

と思ってしまいますが、日給として換算してみて下さい。

日本版なら、24時間とっても働いてくれるのに、日給200円もかからないとても優秀なアルバイト

しかも、プライスターは申し込みから、約1ヶ月(30日間)は無料でお試し利用ができます。

もちろん、「申し込みから15日後にぐらいにやっとログイン用のIDが発行されてやっと使える」とかいう粗悪なツールではありません。

10分後ぐらいには利用開始できますし、初期設定を行った後は、Amazonから順次出品中の商品などのデータを取得してくれて、出品中のデータ件数にもよるとおもいますが、1時間ほどでデータが揃ってスタートしてくれます。

プライスターはリアルタイムで進化していくツールです。どんどん新しい機能が増えていきます。

 

評判がいい!プライスターの口コミ

こういう、せどりとか転売用のツールって、販売ページは機能とか、ゴチャゴチャといいように書かれているけど、実際使っている人は、「使えない・・・」とか評判が悪かったりするものも中にはあります。

よく言い過ぎて、ハードルを上げてしまっているような感じ。

プライスターは、説明もシンプルだし、いい意味であっさりしていますが、しっかりと使えます。

自分の周りのリアルな口コミでは、プライスターは評判がかなりいいです。

シンプルですが、必要なことはしっかり出来るし使いやすい、さらに活用もできるように作られている、はっきりオススメできるツールです★

pricetarkousiki
bana_koushiki

 


 

プライスターの使い方

プライスターの使い方をいろいろ見ていきます。

出品に関する操作方法

自己発送で出品する方法
基本的には、3つのステップでAmazonへ自己発送の商品を出品することができるようになっています。

FBA納品を利用しての出品もかなり効率化できる
FBAは活用すべきなんですが、通常は、納品の手続きがけっこうメンドクサイ。プライスターはその手間をなるべく少なく簡単に、FBA商品を納品できるようにしてくれています。

CSVファイルでAmazonに一括出品
CSVアップロードでは、出品したい商品データを書き込んだリストを作って、それをプライスターにアップロードすることで一括出品ができます。

棚卸しにも活用できる在庫一括操作
CSVファイルをダウンロードし、編集、保存して、アップロードすることで、在庫商品を一括で操作することができて便利です。これを活用することで、棚卸しにも利用できます。

価格改定に関する操作方法

プライスターを使って出品商品の価格改定。自動で最適価格に変更
amazonに出品している商品の価格を、自分のかわりにプライスターが、市場の変動に合わせて自動で調整してくれます。5つのパターンから選ぶだけ。

「カスタムモード」を使って、自分の好きな自由設定で価格自動変更
プライスターの価格自動改定には、「ライバルの価格に●●円上乗せした価格」への変更や、「1日ごとの価格の変更の金額を制限」できるブレーキ機能を設定したり、ユーザーの好みに合わせて価格の動き方を微調整できる【カスタムモード】があります。

価格改定には、価格制限として「赤字ストッパー」「高値ストッパー」を有効活用する
「この価格より安く(高く)したくないな・・・。」と思う場合には、プライスターの【赤字ストッパー】と【高値ストッパー】という機能が便利です。

仕入れなどにも活用

プライスターだけで仕入れにも有効活用する方法
プライスターの売れたものページを活用する事で、仕入れにも利用できます。過去の売り上げデータはこれからの販売に関するヒントを見つけるためにも有効ですが、それ以上のお宝が眠っている「電脳せどり」のデータとしても有効活用できます。

稼げるプレミアム商品をごっそり探す(PRICECHECKと連携させて)
Amazonで品切れのリストは、市場で飽和している貴重な商品だという可能性が高くて、これだけでも価値はありますが、PRICECHECKではカテゴリーごとにジャンルを絞って、ほしい情報だけを手にすることができます。プライスターユーザーだけの機能。

プライスターUS版/CA版/UK版

プライスター日本版・US版・CA版・UK版の違いや価格、メリット
プライスター日本版は日本のAmazonへ、プライスターUS版はアメリカのAmazonへ、プライスターCA版はカナダのAmazonへ、それぞれ接続して出品する事ができます。日本とアメリカ/日本とカナダの価格差リストが見られます。

プライスター「UK版」リリース!イギリスAmazonにも対応
US版・CA版と同様、イギリスのAmazonに接続して出品する事ができます。利用料はCA版同様に、5,800円/月。無料期間もあります。

日本とアメリカ/日本とカナダの価格差リストを有効活用する
プライスターUS版・CA版では、日本とアメリカのAMAZON価格差を調べる「日米価格差リスト」と、日本とカナダのAMAZON価格差を調べる「日カナダ価格差リスト」を見ることができます。

 

  • 当サイト「プライスター.com」には個人の感想も含まれていますので、効果などを保証するものではありません。当サイトにある情報により、如何なる損害を受けても責任を負えませんので、あからじめご容赦ください。
    ツールの概要については、投稿時点の情報になりますので、対応サイトや価格等の情報が古くなっている場合もあります。また、個人的な主観が含まれていますので、最新の情報については、公式サイトにて必ずご確認下さい。

PAGE TOP ↑