*

「カスタムモード」を使って、自分の好きな自由設定で価格自動変更

カスタムモードで価格改定

プライスターの価格自動改定には、「ライバルの価格に●●円上乗せした価格」への変更や、「1日ごとの価格の変更の金額を制限」できるブレーキ機能を設定したり、ユーザーの好みに合わせて価格の動き方を微調整できる【カスタムモード】があります。

 

カスタムモードの使い方

カスタムモードを使うには、「出品したものを見る」ページで「カスタム」ボタンをクリックするだけです。

後は、表示される内容にそって進めていけば、好きな設定で価格改定ができるようになります。

スクリーンショット-2015-11-12-19.05.47-900x314-1

詳細設定の画面が開いたら、追従対象商品についてや、価格変更についてをいろいろ選択して設定していきます。

listedit-2

 

追従対象について

【状態】:価格を追いかける対象の「状態」を選択します。

・全ての状態:全ての状態の商品の価格を追いかけます。

・自分と同じ状態:自分と同じ状態の商品の価格を追いかけます。

・自分と同じorより良い状態:自分と同じorより良い状態の商品の価格を追いかけます。

・可を無視した状態:可を無視した状態の商品の価格を追いかけます。

 

【配送設定】:価格を追いかける対象の「配送区分(自己発送orFBA)」を選択します。

・自分の商品と同じ配送区分:自分の商品と同じ配送区分の商品を価格を追いかける対象として判断。

・全て:全ての商品を価格を追いかける対象として判断。

・自己発送のみ:自己発送の商品のみを価格を追いかける対象として判断。

・FBAのみ:FBAの商品のみを価格を追いかける対象として判断。

 

【ライバル価格】:価格を追いかける対象の価格の「基準」を選択します。

・最安値:設定した対象の最安値を基準に価格の自動変更を行います。

・カート価格:カート価格を基準に価格の自動変更を行います。

 

価格変更について

【値動きの設定】:価格の自動変更を行う際に、値上げor値下げをするかどうかを設定。

・値上げ&値下げする:価格を追いかける対象が自分の価格より高ければ値上げをして、自分の価格より安ければ値下げ。

・値上げのみする:価格を追いかける対象が自分の価格より高ければ値上げ、自分の価格より安い場合は価格の変更無し。

・値下げのみする:価格を追いかける対象が自分の価格より安ければ値下げ、自分の価格より高い場合は価格の変更無し。

 

【価格の上乗せ】:価格を追いかける対象の商品の出品価格+送料の合計額に対して、出品価格を上乗せする場合の設定。

・ライバル価格と同額:出品価格(+送料)の合計額を追いかける対象と同じ価格に合わせる。

・●●円upで追従する:価格を追いかける対象の出品価格(+送料)の合計額に対して、設定した金額(●●円)分上乗せした価格に変更。半角数字で金額を設定します。

・●●%upで追従する:価格を追いかける対象の出品価格(+送料)の合計額をに対して、設定したパーセント(●●%)分上乗せした価格に変更。半角数字で金額を設定します。

 

【ブレーキの設定】:1日あたりの価格変更の金額を制限する場合はここで設定。制限をすると1日あたりの価格変更の範囲以上は、価格は動かなくなります。価格を少しずつ動かしたい場合などに活用できます。

・ブレーキかけない:1日あたりの価格変更の金額に制限をしない場合。

・●●円以上/一日の値動きでブレーキをかける:1日あたりの価格変更の金額を●●円までに制限。半角数字で金額を設定。

 

好みの設定ができたら、「変更」ボタンをクリックして完了。

あとは、設定した通りに自動的に価格の自動変更が動き始めます。

関連記事

listedit__5_

価格改定には、価格制限として「赤字ストッパー」「高値ストッパー」を有効活用する

価格の自動変更をしていると、「この価格より安く(高く)したくないな・・・。」と感じることがあります。

記事を読む

11

プライスターを使って出品商品の価格改定。自動で最適価格に変更

プライスターの大きな特徴ともいえる「価格自動変更機能」。 amazonに出品している商品の価格

記事を読む

  • 当サイト「プライスター.com」には個人の感想も含まれていますので、効果などを保証するものではありません。当サイトにある情報により、如何なる損害を受けても責任を負えませんので、あからじめご容赦ください。
    ツールの概要については、投稿時点の情報になりますので、対応サイトや価格等の情報が古くなっている場合もあります。また、個人的な主観が含まれていますので、最新の情報については、公式サイトにて必ずご確認下さい。

PAGE TOP ↑