*

プライスチェックUSを有効活用してAmazon輸出リサーチ

da910cd371fe0a4e320d5589bc12e540_s

プライスチェックにはUS版もあります。輸出リサーチなどに有効利用できる「プライスチェックUS」の使い方や日本版との違いなどについて見ていきます。

 

▼ PRICECHECK US版
http://us.so-bank.jp/

 

プライスチェックUS版とは?

プライスチェックUSは、アメリカのアマゾン(amazon.com)の商品の価格変動を見るサイト。

商品キーワード・ASINコード・JANコードなどを検索欄に入力すると、その商品の動向をグラフ表示してくれます。

表示されたグラフを見てみると、どの位の価格で売れたか、どの位の頻度で売れているのか、などが一目で分かるようにできています。

相場や売れ行きを瞬時に把握する事ができて重宝します。

 

プライスチェック日本版との違いは?

プライスチェックの日本版とUS版に違いはあるんでしょうか。

プライスチェックUS版の見本画像

PRICECHECKUS_001

プライスチェックを使ってきたという人にとっては見慣れた画像だと思います。

プライスチェック日本版では、日本のAmazonの価格やランキングの動きをグラフにしてくれます。

 

PRICECHECKUS_002

 

プライスチェックUS版では、アメリカのAmazonの価格やランキングの動きをグラフに。

仕組みは日本版もUS版も同じ、ランキングのグラフがたくさん動いているほどよく売れている商品。使い方もほとんど同じです。

>> プライスチェックの基本的な使い方についてはコチラの記事で

 

アメリカと日本のAmazonの利益が出る方で売る!

アメリカのAmazonと日本のAmazonでより利益が出る方で売ることができます。

例えば、こちらのゲーム、日本では「中古-非常に良い」で、約3200円で売られています。

PRICECHECKUS_003

アメリカでは「中古-非常に良い」で、49ドル(≒4900円)以上で売られています。

PRICECHECKUS_004

日本とアメリカでランキングのグラフを比べると、売れ行きはあまり変わらない感じなので、同じ価格で仕入れたとしたら、アメリカで売った方がより大きな利益を生み出してくれるというのは、誰でも分かりますね。

日本だけでなく、アメリカも販売先にすることで売上を簡単に売上をアップさせる事ができます。アマゾン輸出の第一歩となります。

プライスチェックUSと、プライスターUSもうまく活用していきましょう。

>> プライスター日本版・US版・CA版・UK版の違いや価格、メリット

 

関連記事

959916109e0849340dc2af426091d95f_s

プライスターだけで仕入れにも有効活用する方法

プライスターの売れたものページを活用する事で、仕入れにも利用できます。 売れた物ページ

記事を読む

Web

日本とアメリカ/日本とカナダの価格差リストを有効活用する

プライスターUS版・CA版では、日本とアメリカのAMAZON価格差を調べる「日米価格差リスト

記事を読む

pricetar_us_ca

プライスター日本版・US版・CA版・UK版の違いや価格、メリット

プライスターには、日本版、US(アメリカ)版、CA(カナダ)版があります。 どのような

記事を読む

出品する商品を選ぶ0004

稼げるプレミアム商品をごっそり探す(PRICECHECKと連携させて)

プライスターからPRICE CHECKにアクセスすることで、Amazonで品切れになっている商品のリ

記事を読む

price

PRICE CHECKの使い方・グラフの利用方法やプライスターを通して使うメリット

プライスターの姉妹サイト「PRICE CHECK(プライスチェック)」。  

記事を読む

  • 当サイト「プライスター.com」には個人の感想も含まれていますので、効果などを保証するものではありません。当サイトにある情報により、如何なる損害を受けても責任を負えませんので、あからじめご容赦ください。
    ツールの概要については、投稿時点の情報になりますので、対応サイトや価格等の情報が古くなっている場合もあります。また、個人的な主観が含まれていますので、最新の情報については、公式サイトにて必ずご確認下さい。

PAGE TOP ↑